お店で一番安いティッシュを選ぶ方法は?計算方法をご紹介

ティッシュペーパー

スーパーや薬局に並んでいる数あるティッシュのうち、どのティッシュが最も安いかを判別する方法をご紹介します♪

生活の必需品であるティッシュですが、お店で購入する際に最も安いティッシュを選べていない人がけっこう僕の周りにいるんですよね(苦笑)。

ティッシュはなくてはならないものなだけに、できるだけ安く購入したいですよね。

今回はお店に並んでいるティッシュのうち、どのティッシュが最も安いかを調べる方法についてご紹介します。

この記事を読んでほしい人

  • 安く買い物をしたい
  • お店に並んでいるティッシュのうちどれが一番安いか調べる方法を知りたい

安いティッシュを選ぶ方法について

店頭に並んでいるティッシュを選ぶとき、どのティッシュを選べば良いのか悩むことが多々あります(苦笑)。

例えば下記の2つのティッシュの場合。

150組5パック184円で売られているティッシュ
200組5パック278円で売られているティッシュ
  • A・・150組5箱で184円(税抜)
  • B・・200組5箱で278円(税抜)

価格だけを見ると、安いのは「A」の184円ですね。ただ単純に278円よりも184円の方が安い、という理由からです。

では、A.Bのうちどちらがおトク?と考えると非常に悩んでしまいます(苦笑)。

※注意:ティッシュのサイズ、素材、質感、パッケージなどは考慮しないものとします。

実はおトクなのも「A」です。下記でおトクなティッシュの選別方法について説明します。

1組あたりの価格で考える

もっともおトクなティッシュを購入するにあたっては、1組あたりの価格がいくらであるか、ということを計算するだけです♪

通常ティッシュは2枚1組になっています。ティッシュボックスの側面に、1箱あたり何組のティッシュが入っているか、というのが書いてあります。

「A」のティッシュの場合、

ティッシュの組数と枚数が表記されている箇所

ちょうどここの部分ですね。「300枚(150組)」と書かれているので、1箱あたり150組入っていることになります。ティッシュ1箱につき150回引き抜くことができるということになります♪

ものによって「組」の表記が「W」(ダブル、2枚重ねという意味)となっているものもあります。

1組あたりの価格の計算方法について

電卓と数字
まずは商品全体の組数を確認する必要があります。まずは「A」の商品を例にとって解説します。

ティッシュ1箱あたり150組入っていて、5箱入りで売られています。よって

  • 150組×5=750組

ということになり、Aの商品は750回ティッシュを引き抜くことができると分かります。

注意:一般的にティッシュは5箱入りで売られていますが、6箱入りで売られている商品を過去に見たことがあります。念のため計算前に何箱入っているか確認することをおすすめします。

価格を商品全体の組数で割る

つづいて1組あたりの価格を割り出す具体的な計算方法ですが、

  • 価格を全体の組数で割る

と単純に覚えておくといいですよ♪

「A」の商品の場合

  • 価格=184円(税抜)
  • 全体の組数=750組

よって、1組あたりの価格は、

  • 184÷750=0.2453333

1組あたり約0.24円であることがわかります。ティッシュを1回引き抜く度に0.24円発生しているということですね♪

「B」の商品の場合

「B」の商品は「200W5P」と書いてあります。これは200組が5PACKという意味で、商品全体の組数は1000組になります。同様に計算式に当てはめると、

  • 価格=278円(税抜)
  • 全体の組数=1000組

となり、

  • 278÷1000=0.278

1組あたり約0.278円であることがわかります。ティッシュを1回引き抜く度に0.278円発生している計算になり、AよりもBが価格が高いことが分かります。

計算には電卓アプリが便利

スマートフォンの電卓アプリを操作している様子
普段から電卓を持ち歩いている人はあまりいないと思いますが、スマートフォンであれば「電卓アプリ」が搭載されているので、店頭にてサっとスマホで計算をすることができますよ♪

1000組入りのティッシュは電卓不要

「A」の商品のように184÷750の計算を瞬時に行うことは難しいですが、「B」の商品のように全体の組数が「1000組」の場合は、計算が簡単なので電卓は不要です♪

価格の頭に「0.」をつけるだけで1組あたりの価格が瞬時に分かりますよ♪

さいごに

一人あたりのティッシュの年間使用料は約3500組(200組入りのティッシュで17.5箱)と言われているそうです。

これが大人数の家族だったりするとトータルの金額がけっこう変わってきますよね。

少しでもおトクにティッシュを購入したい方は是非参考にしてみてください♪