住宅街での車の運転で気をつけるべき3つのポイント

住宅街で車を運転する際は特に注意が必要です。子供の飛び出しや、住宅の駐車場からの車の出庫などがあり、危険がとても多い場所であります。

とくに子供の飛び出しや自転車の飛び出しについては、突発的であるために避けられないこともあります。100%防ぐことはできませんが、事故の確率を下げることはできます。

建物の陰に気をつける

子供や自転車が急に飛び出してきて車と接触した場合には、避けようがないとはいえ車側に過失が生じることがほとんどです。

歩行者や自転車などはいわゆる「交通弱者」であるため、車を運転する側に、事故を未然に防ぐ義務があると考えられているわけです。

すぐ止まれるようにブレーキに足を置いておく

ブレーキをすぐに踏める状態にしておくのと、そうでないのとでは、大きな差があります。危険が生じた際に車をすぐに停止できるかどうかが重要です。

住宅街で走行する際には、子供の突然の飛び出しに備えて、見通しの悪いところでは常にブレーキに足をかけておくことを心がけましょう。前方を注視していないと、子供の飛び出しの発見が遅れてしまいますので、カーナビなどの操作や脇見運転をしないように心がけましょう。

低速で走る

住宅街にもかかわらず、かなりの速度で走っている車を見かけます。急ブレーキをかけたとしてもすぐには止まれないくらいの速度です。こんな車と接触してしまったら大変です。

住宅街や駐車場内の通路では、たとえ後続車がいたとしても急いで走らなくたっていいのです。のろのろ運転と思われてしまっても、事故を未然に防ぐ運転をすることのほうが大事です。

2020年最新版おすすめドラレコ


事故はお互いの主張が食い違うのが付きものですが、ドライブレコーダーさえあればしっかり証拠を残せるので、事故解決がスムースです。

Aneroのドラレコなら運転中はもちろんのこと、エンジンを切った後の駐車中の衝撃でも自動で録画を開始します。


ドラレコの詳細はこちら