「万葉クリエートパーク」そりは現地で購入&レンタル可能?価格は?調査レポ

ファミリーで楽しめる「万葉クリエートパーク」に行ってきました!

万葉クリエートパークは

  • 駐車場無料!
  • 公園利用料無料!
  • そり滑り&アスレチックで遊べる!
  • ピクニックも可能!

ファミリーが1日遊べるスポットとして大人気です♪

なかでも万葉クリエートパークの目玉となるのが「ソリ滑り」

人工芝でできた大小2つの斜面をソリで颯爽と滑るのは最高に楽しいですよ!

今回は万葉クリエートパークに行ってソリ滑りをしてみた際の感想と、現地でのソリの販売&レンタル情報についてお伝えします。

この記事を読んでほしい人

  • 万葉クリエートパークでのソリ滑りについて知りたい
  • ファミリーで遊べるスポットを探している

万葉クリエートパークへ行ってみた

大衡村にある万葉クリエートパーク。4号線を走らせ、一本入るとすぐに到着です。

ゴールデンウィークなどの大型連休中は臨時駐車場が開放されますが、それ以外の週末は大変混みます。駐車スペースを探すのに一苦労でした(苦笑)

ピクニック広場でスペースを確保

駐車場の正面にはピクニック広場があります。ここでポップアップテントを広げてのんびり過ごしている方も沢山います。まるでイベントか!と思うくらいにテントがずらり。

そり滑りは親子そろって楽しめる!

万葉クリエートパークの目玉となるアトラクションが「ソリ滑り」!

人工芝で作られた大小2つのレーンで、大人から子供までソリ滑りが楽しめます。我が家では雪山でソリ滑りをやったことがあったのですが、人工芝でのソリ滑りは初。テンションが高まります♪

ソリは現地で購入&レンタルが可能!

万葉クリエートパークの公式ホームページには「段ボールを使ってのソリ滑りは禁止」と明記されています。昔はよく段ボールをつかって山の斜面を下る遊びをしていましたが、人工芝が傷むのでしょうか、どうやら禁止みたいです。

万葉・おおひら館の位置を示した画像

ソリ滑りコースのある場所から東へ300メートルほど歩いた場所に「万葉・おおひら館」という農産物販売所があります。ここでソリの購入&レンタルができます。

万葉・おおひら館の店舗入口で売られているソリ

購入できるソリは店舗の入口に売られてます。価格は1000円(税込)で、色は青、赤の2色から選べます。ソリ自体大きいものなので、そんなに陳列できるものでもなさそうですね。

もしも陳列棚にソリがない場合には、倉庫などにストックがあるかもしれませんので、店員さんに在庫の確認をしてみてくださいね♪

万葉・おおひら館の店内にあるソリのレンタルコーナー

こちらはソリのレンタル。レンタルコーナーは店内にあります。料金は1日レンタルで400円(税込)。万葉・おおひら館は19時までの営業ですが、ソリは16時までに返却する必要があります。

ちなみに購入するソリとレンタルするソリは全く同じ形のものです。

ソリ滑りのコースは2つ!

斜面が急なコースと緩やかなコースがありますが、まずは緩やかなコースでトライしてみることをおすすめします。

というのも我が家では、パパ&2歳の子で急なコースで2人乗りをしてみたんですが、思いのほか速度が早くて焦りました(汗)ソリで滑走中はすぐに止まれるものでもないので、まわりの状況を確認しつつの滑走が必要です。

ちなみにソリを滑る時には特に「順番」というものがないので、出発するタイミングがかぶってしまうことも(笑)近距離で並走するとちょっと危なかったりもします。

ちなみに土日はすごく混むため、次から次へとソリ滑りをする子供たちが。コースの途中で転倒してる人に、上から滑ってきたソリがあわや接触!みたいなシーンも結構あったので、十分気をつけてください。

アスレチックも充実

8歳以上という年齢制限がありますが、数々のアスレチックで楽しむこともできますよ♪

さいごに

今回は万葉クリエートパークのソリ事情についてお伝えしました!近々行く予定がある方はぜひ参考にしてみてください。

コミュニケーション力が格段に上がるおすすめ「良本」!



「丸い卵も切りようで四角、ものも言いようで角が立つ」と言われるように、同じ内容でも言い方や伝え方によって相手が受ける印象が大きく変わります。

伝え方が9割では、自分が本当に伝えたいことを相手に伝えるための魅力的な言葉や方法がたくさん書かれている、まるで魔法のような1冊です。




当サイトの理念について

関わったすべての人に「感動!」をもたらすべく日々奮闘中!

特にこれといった才能はないけれど、営業経験やコールセンターのスーパーバイザー経験から得た「ビジネススキル」や「電話対応」のノウハウを心を込めて書いてます。

自然が大好きで、暇さえあればキャンプやアウトドアに勤しむ自然人。メッセージはこちらから。


トップページへ戻る