東京あそびマーレにはどんな種類の遊具がある?混雑状況は?現地調査レポ

東京あそびマーレの外観

東京あそびマーレに我が家の2歳児と一緒に行ってきました!

東京あそびマーレは2018年4月27日にオープンした全天候型室内遊園地。施設内には日本初登場となる365日雪遊びができるスノータウンや、どうぶつふれあいコーナーなどがあります。

いろいろな室内遊園地に行ってきましたが、東京あそびマーレの広さにはビックリ♪いろいろな遊具があって1日中遊べます!

施設の広さを伝える写真
今回は実際に東京あそびマーレに行ってみた感想と、料金・システムについてご紹介します。

この記事を読んでほしい人

  • 東京あそびマーレに行く予定があり、料金、システムについて詳しく知りたい
  • 東京あそびマーレのアトラクションの種類を知りたい

東京あそびマーレへ行ってみた

東京あそびマーレの外観
東京あそびマーレは京王相模原線の「京王堀之内駅」から徒歩1分。駅ビル「ビア長池」の2階にあります。駅直結のため、雨の日でもアクセスがスムーズです♪

ビア長池には駐車場もあり、駐車料金は100円/30分ですが、東京あそびマーレを利用すると4時間まで無料になります。

京王堀之内駅近隣にステーキ宮というステーキレストランがあったので、まずはそこでパワーをつけてから入場しました。これから2歳児に振り回されることになるだろうと思い、肉でスタミナをつけました(苦笑)。

東京遊びマーレの遊具一覧

東京あそびマーレには思いっきり体を動かして遊べる遊具がたくさんあります。

実際に遊んでみた遊具(アトラクション)を中心に紹介したいと思います。

ふわふわすべり台&ボールプール

ふわふわすべり台とボールプール
室内遊園地の定番と言えば、ふわふわすべり台とボールプール。すべり台の下には安全対策用の柔らかいマットも敷いてありましたよ♪

意外とボールプールは深めでした。我が家のチビはボールプール内でダイブをしてました(笑)。

ふわふわボルタリング

ふわふわボルタリング
子供用のふわふわボルタリング。足場を考えながら登っていくのが楽しいですね♪空気が入ったビニールで作られています。

巨大ブロック

巨大ブロック
組み立て式の巨大ブロック。みんな思い思いにブロックを組み立てて夢中になっていましたよ♪なかには自分のお城を作っている子もいました。

光の迷宮

光の迷宮
きれいな光の中を進んでいく迷路です。はじめのほうで、平衡感覚が分からなくなるような仕掛けがありますので、特にお子さんを抱っこしながらの歩行には注意が必要です。

なりきりストリート

お着替えコーナー
ここではファッションショーができます。たくさんのドレスなどがありましたよ♪

ミニレールウェイ

ミニレールウェイ
施設内を巡る小さな新幹線。ピストン運行をしていて、10分おきに出発しています。

お絵かきコーナー

お絵かきコーナー
お絵かきコーナーでは思う存分お絵かきができます。我が家のチビはアンパンマンの絵ばかりを描いてご満悦の様子でした♪

キッズゾーン

乳児用のおもちゃ
知育玩具やおままごとセットなどがたくさんあります。どうやら我が家のチビは体を動かす遊具より、おままごとの方が気に入った様子でした♪

写真は乳児が仰向けになった状態で手で触れるおもちゃです。こういった乳児用のおもちゃがあるのは嬉しいですね。

パンダのエア遊具

パンダのエア遊具

パンダのエア遊具。空気を送り込む仕組みになっていて、ふわふわした遊具内で跳ねたり駆け回ったりできます♪

小さいお子さまの付き添いの場合は大人も入れます。

マッサージチェア

マッサージチェア
施設内にある有料マッサージチェア。10分100円。子供を見守りながらひと時の休憩をするのもよさそうです。

充電スペース

充電スペース
スマホの電池がなくなってしまったときにも安心の「無料充電スペース」。スマホを収納するロッカーはないので、各自で管理する必要があります。

東京あそびマーレの混雑状況は?

東京あそびマーレには4度行ってますが、「晴れた日の平日」が最も空いていた印象ですね。全天候型屋内遊園地かつ駅直結なので、雨の日のほうが混むのではないかと思います。

東京あそびマーレの料金体系

東京あそびマーレの券売機
東京あそびマーレでは時間単位の料金設定はなく、入園券のみの販売となっています。入園券1枚で「室内遊園地」と「スノータウン」のどちらも入場が可能。※どうぶつふれあいコーナーは別途料金が必要です。

ちなみに2019年12月時点の料金は下記の通り。

  • 平日入園券・・・1,200円/1名
  • 休日入園券・・・1,500円/1名
  • ナイト入園券・・1,000円/1名

JAF会員、リロクラブ会員の方は上記料金から300円引きになります。

また、お出かけ情報サイト「いこーよ」のクーポン画面を提示すると、割引が受けられることもありますよ♪

子供は2歳になるまで入園無料で、同伴の大人のみ料金が発生します。子供が2歳になると、大人と同じ料金が発生します。

営業時間は10:00〜19:00となっており、年中無休で年末年始も営業しています。

※ナイトパックは平日は15時から、休日は16時から利用が可能ですよ。夕方にちょっと遊びたいときなんかは便利です。

再入場について

入場時係員によって、再入場用のスタンプが手の甲に押されます。(ちょっとくすぐったい)

当日の再入場の際、このスタンプを見せることによって再入場ができます。(スタンプはブラックライトに反応し、目には見えないです)

施設内の各種設備

施設内のベビーカー置き場
施設内にはベビーカー置き場があり、ベビーカーを預けられます。

荷物預け入れロッカー
荷物を入れるロッカーも200台以上あります。コインが不要なタイプのものです。

授乳室とおむつ替えスペース
授乳室が1部屋、おむつ替えスペースが3部屋あります。どの部屋も仕切りがあるのでプライバシーは守られます。

施設内の座敷のスペース
施設内にはお座敷のスペースがあり、ここは飲食物の持込みが可能。ここで食事を取ることもできます。

施設内にあるフードコート
施設内のフードコートでは軽食が売られています。食べ物のメニューを書き出してみると、

  • カレーライス
  • 焼きそば
  • 牛丼
  • かけうどん
  • たこ焼き
  • ジャンボフランクフルト
  • アメリカンドッグ
  • チュロス
  • チキンナゲット
  • スマイルポテト

があります。その他にもタピオカドリンクやアイスクリーム、ソフトドリンク、コーヒーなども売られています。

スノータウン

スノータウン
東京あそびマーレの施設内には365日雪遊び、そり滑りができる「スノータウン」があります。別途料金は不要です。

無料貸し出しされている長靴を履けば準備OKです♪エリア内は少し寒いので上着を着て入場した方がいいですね。

スノータウンの雪
雪遊び場にはスコップ、バケツなどの道具がたくさんあります。我が家のチビは初めて触る雪に大興奮していました♪

あそびマーレの「スノータウン」は寒い?どんな服装がベスト?調査レポ

2019.12.22

どうぶつふれあいコーナー

どうぶつふれあいコーナーのうさぎ
施設内には「どうぶつふれあいコーナー」があります。うさぎに触ったり、たくさんのひよこにエサをあげたり、猫とたわむれることができます♪

こちらは別途料金が必要で、最初の10分は200円、以後1分ごとに20円が発生します。(2歳になるまでは無料)

東京あそびマーレの「どうぶつふれあいコーナー」で触れ合える動物・料金・システムなど

2019.12.22

さいごに

今回は東京あそびマーレの遊具の種類一覧、システムについてご紹介しました。

雨の日でも遊べる東京あそびマーレ。体を思いっきり使って遊べる遊具や雪遊び、動物の触れ合いなど、子どもが喜ぶようなものがたくさんありますよ♪是非訪れてみてください♪

施設情報
施設名 東京あそびマーレ
住所 東京都八王子市別所2丁目1番 ビア長池新館
電話番号 042-689-6283
営業時間 10:00~19:00
駐車場 あり

「ファンタジーキッズリゾート多摩」2歳児と行ってみた感想について 料金・システムなど

2019.12.09


当サイトの理念について

関わったすべての人に「感動!」をもたらすべく日々奮闘中!

特にこれといった才能はないけれど、営業経験やコールセンターのスーパーバイザー経験から得た「ビジネススキル」や「電話対応」のノウハウを心を込めて書いてます。

自然が大好きで、暇さえあればキャンプやアウトドアに勤しむ自然人。メッセージはこちらから。


トップページへ戻る