東京あそびマーレの「どうぶつふれあいコーナー」で触れ合える動物・料金・システムなど

どうぶつふれあいコーナーのうさぎ

東京あそびマーレ内にある「どうぶつふれあいコーナー」のご紹介です。

このエリアではかわいいウサギに触ったり、ヒヨコにエサやりをするなどの貴重な体験ができます♪東京あそびマーレの地図は下記を参照してください。

今回は実際に我が家のチビ(2歳)と一緒にどうぶつふれあいコーナーに行ってみた感想と、料金、システムについてご紹介します。

この記事を読んでほしい人

  • かわいい動物と触れ合いたい
  • どうぶつふれあいコーナーの料金、システムを知りたい

利用料金

東京あそびマーレの入場券のほか、ここでは別途料金がかかります。滞在時間分の料金を後払いする仕組みになっています。ちなみに僕は時間を忘れて夢中になってしまいました(笑)。

どうぶつふれあいコーナーの料金表

どうぶつふれあいコーナーの料金は、

  • 最初の10分は200円/1名、以後1分毎に20円(2歳になるまで無料)

となっています。だいたい20分くらいあれば一通りの動物に触ったり餌やりをすることができるので、20分の利用であれば400円/1名ですね。ちなみに東京あそびマーレの入場券の料金は、

  • 平日入場券・・・1,200円
  • 休日入場券・・・1,500円
  • ナイト入場券・・1,000円

となっています。詳細は下記の記事をご覧ください。

東京あそびマーレにはどんな種類の遊具がある?混雑状況は?現地調査レポ

2019.12.20

どうぶつふれあいコーナーでできること

ここのエリアでは、下記のような体験ができますよ♪

  • ウサギにさわる
  • ヒヨコのエサやり
  • 金魚すくい
  • 鯉のエサやり
  • ハリネズミにさわる
  • 猫とたわむれる

結構貴重な体験ができますね♪

入場してみた

コーナーには金魚すくい用の道具(100円)、鯉のエサ(50円)、ひよこのごはん(100円)が販売されています。

どうぶつふれあいコーナーにある餌
まずはヒヨコのエサを100円で購入しました♪テーブルの上にある硬貨入れに100円を投入すればOK。

ヒヨコのエサは見た目には量が少ないように見えますが、エサはかなり小粒になっているのでたくさんエサやりをすることができますよ♪

ヒヨココーナー
ヒヨココーナー。20羽以上のたくさんのヒヨコがいます。「ピヨピヨ」とみんなで大合唱しながら短い足で歩く姿がとてもかわいいです。

ヒヨコに餌を食べさせている様子
手のひらに乗せたエサをあげてみると、ヒヨコがたくさん集まってきます。

これはかなりくすぐったかった(笑)。

爪先が尖っている小さな足でヒヨコたちが手のひらの上を歩き回るので、くすぐったかったですね。クチバシで素早くエサを食べる姿はとてもかわいい♪

我が家のチビはたくさんのヒヨコがこわかったのか、エサやりを嫌がってしまいました。また来年チャレンジです。

どうぶつふれあいコーナーのうさぎ
続いてはウサギコーナー。店員さんに、ウサギに触りたいということを伝えると、奥からボックスに入ったウサギを持ってきてくれます。

ボックスを膝の上に乗せ、その状態でウサギに触ることができます。毛並みがすごくきれいで触り心地が良かったです♪

ウサギが飛び跳ねて行ってしまわないか心配しましたが、ウサギは口をハムハムしながら大人しく座っていました。その間にたくさん撫でることができましたよ♪

ハリネズミコーナー
続いてはハリネズミのコーナー。ハリネズミにはこれまで触ったことがなかったので、初めての体験です。

ハリネズミの体はチクチクしていますが、専用の手袋をつけて触るため安心です。手のひらに乗せて間近でハリネズミを観察すると結構楽しいですよ♪

ハリネズミは俊敏に動く生き物だと思っていましたが、意外とのそのそと歩いていましたね。

鯉のコーナー
こちらは鯉のコーナー。のんびりと泳ぐ鯉は見ているだけで癒されます。

キャットタワーに登る猫
続いては猫と触れ合うことができるコーナー。猫専用の部屋の中で触れ合うことができます♪我が家のチビは猫が大好きなので、終始猫を撫でていました。

黒い猫
室内には2匹の猫がいて、どちらも活発に動き回っていましたよ♪猫が部屋から逃げないように、部屋に出入りする時には店員さんにお声掛けをします。

さいごに

貴重な体験ができるどうぶつふれあいコーナー。東京あそびマーレに訪れた際には是非どうぶつとの触れ合いを体験してみてください。お子さんは絶対に喜ぶと思いますよ♪

施設情報
施設名 東京あそびマーレ
住所 東京都八王子市別所2丁目1番 ビア長池新館
電話番号 042-689-6283
営業時間 10:00~19:00
駐車場 あり

あそびマーレの「スノータウン」は寒い?どんな服装がベスト?調査レポ

2019.12.22


当サイトの理念について

関わったすべての人に「感動!」をもたらすべく日々奮闘中!

特にこれといった才能はないけれど、営業経験やコールセンターのスーパーバイザー経験から得た「ビジネススキル」や「電話対応」のノウハウを心を込めて書いてます。

自然が大好きで、暇さえあればキャンプやアウトドアに勤しむ自然人。メッセージはこちらから。


トップページへ戻る