初めて訪れる公園の駐車場の場所を調べる方法について

iPhone

僕は車でいろいろな公園に行くことが多いのですが、

  • 初めて訪れる公園の駐車場の場所が分からない

ということが多々あります(苦笑)

「Google Map」で公園名を入力すると、駐車場のある位置に「P」というマークが表示されることがあるんですが、

公園によっては「P」が表示されないときがあります。

例えばですが、宮城県にある「桜ヶ丘公園」という公園。

桜ヶ丘公園に初めて訪れようと思った際、上記のようにGoogle Mapに「桜ヶ丘公園」と入力しても「P」が表示されなかったんですね(苦笑)

この地図じゃ駐車場がどこにあるか全く見当がつきません。

「桜ヶ丘公園 駐車場」とGoogle Mapで検索しても「P」が表示されず、車のナビでもヒットせず(泣)Google Mapではなく「Google」で検索しても駐車場に関する情報が出てこなかったんですね。

全く調べる手段がなく、公園の周りを車で周ってみても駐車場が見当たらない、という状況になってしまいました(汗)

近隣の人に駐車場の場所を聞くのも変かと思い、車を路肩に停め、ない知恵を振り絞ってみたところ、とある方法で駐車場の場所を調べることができました♪

初めて訪れる公園の駐車場の場所を調べる方法について

Google Mapの航空写真を利用して駐車場の場所を調べる

公園の駐車場の場所を調べるには、Google Mapの「航空写真」を使用するとすぐに分かります。

具体的な方法ですが、

まずはGoogle Map上で目的の公園の名前を入力します。

駐車場を示す「P」が表示されればそれですぐに分かるんですが、表示されない場合には下記の手順をおこなってください。

検索バーにある「×」ボタンをタップし、一度入力した内容を取り消します。

地図の位置をそのまま表示させた状態で、右上にあるダイヤが2つ重なったようなボタンを押します。

「地図の種類」がデフォルトになっている方が多いと思うんですが、ここを「航空写真」に変更します。

すると、上空から撮影した写真に切り替わるので、画面を拡大するなどして駐車場を探します。駐車場は地面がアスファルトになっていることが多いので、地図上でグレーの部分を探すと早いですよ♪

また、車が複数台駐車している箇所が駐車場になっていることもあります。

公園の南西の位置に駐車場がありました♪

この公園の場合、地図の種類が「デフォルト」では駐車場は表示されませんが、航空写真ならしっかりと表示されています♪

この方法が使えないとき

そもそも駐車場がない

駐車場がもともと存在しない、という公園もあるので、その場合は車での訪問をあきらめる必要があります(苦笑)

駐車場が地下にある

駐車場が地下にある場合、航空写真では場所の確認ができないので注意が必要です。

さいごに

今回はGoogle Mapの航空写真を利用して駐車場の場所を調べる方法をご紹介しました。この方法を使えば駐車場の場所だけではなく、駐車場の広さや駐車可能台数も分かります♪

デフォルトの地図で駐車場が表示されない場合、航空写真に切り替えれば必ず駐車場が映っています。

初めて訪れる公園の駐車場の場所を調べたいという方は、この方法を覚えておいてくださいね♪

おすすめのアウトドアグッズレンタルサイト

アウトドア、キャンプ用品レンタルならそらのした がおすすめ。
スノーピークのテントをはじめ、タープやシュラフなどのキャンプセット、登山ギアなどの取り揃えが豊富です。


そらのした公式サイト