京王線の避暑地の穴場!【野川公園わき水広場】で水遊びがおすすめ!

野川公園わき水広場の画像

野川公園わき水広場のご紹介です。真夏でも涼しく水遊びが出来る観光地です!

野川公園の地図

野川公園自体は週末は混雑しますが、わき水広場は週末でも混雑度は低め。川を流れる水は真夏でも大変冷たく、涼を取るのに最適です。

水位は「くるぶし」から「ふくらはぎ下」程で、小さいお子さんでも安心して遊べます。※前日以前の雨量によっては水位が変わるので注意が必要です。

水は大変冷たいので、深いところに長時間入っているとかなり寒いです。風邪を引かないように注意しましょう。

川の側には芝生のエリアもあり、レジャーシートやポップアップテントなどを設置してのんびり過ごしている方々もいます。

野川公園とは?

三鷹市・小金井市・調布市に跨る東京都が運営している大きな公園です。都内とは思えないほど自然がたくさんあり、週末ともなれば多くの家族連れで賑わいます。

昔ゴルフ場だった場所を公園にしたそうです。芝生が広く空が近くに見えてとても気持ちがいい公園です。

調布駅から野川公園わき水広場へのアクセス

車の場合

車の場合は中央道「調布I.C」から野川公園まで約5分程。わき水広場から最も近い駐車場は、野川公園内にある「東京都立野川公園駐車場」です。駐車場からわき水広場まで徒歩8分程。散歩がてら歩いていけばあっという間ですよ。

東京都立野川公園駐車場とわき水広場の位置関係を示した地図

ちなみに駐車場は有料です。最初の1時間は「300円」、以後30分ごとに「100円」追加されます。233台駐車可能ですが、バーベキューシーズン(特にゴールデンウィークやシルバーウィーク)はバーベキュー利用者が多く訪れるため、たちまち満車になります。駐車場の外まで順番待ちの行列が出来ることもしばしばあります。

調布駅からバスを利用する場合

調布駅からバスを利用する場合、「京王バス」を利用します。調布駅北口のパルコの前にある【バス乗り場12番】というバス停から乗ります。
【武91:武蔵小金井駅南口行き】または【武91:試験場・多磨霊園駅裏門行き】

調布駅北口から野川公園一之橋のバス時刻表


パルコの目の前がバス停です。

 


「野川公園一之橋」で下車(約15分)。写真にある歩道橋を渡ります。バスを降りたら、バスが来た方向(手前)に歩いて、園内に入ってから歩道橋の方へ向かいます。

 

バス停
道路は非常に交通量が多いので、道路を横断すると危険です。歩道橋を渡りましょう。

 


歩くこと5分。わき水広場に到着です。なんとも涼しげ。

 


水がとても冷たく、キレイです。透き通っています。この日は2019年9月7日、33度程の気温でした。

 


癒されます。川には石ころや枝があるので、裸足で入ると怪我をします。サンダルを履いて入りましょう。

 


川の側には芝生が広がっており、ポップアップテントやレジャーシートを敷いてピクニックをしている方もいます。

 


ベンチも2つあり。早いもの勝ちです。

トイレはある?子供のおむつ替えは?

残念ながらすぐ近くにはトイレはありません。歩道橋を渡ったところにあるトイレが、最も近いトイレです。


わき水広場からトイレまでは歩いて約6分ほど。

 


どなたでもご利用いただけます。子供のおむつ替えも可能です。

野川公園で気を付けたいこと

公園内にゴミ箱がない

野川公園にはごみ箱がありません。公園の美化および衛生確保のために撤去されたようです。ゴミは持ち帰る必要があるので、多めにビニール袋やエコバッグなどを持っていくと片付けが楽チンです。

水辺の虫に注意

どうしても水辺には虫が多く発生します。虫よけのアイテムは必須です。

さいごに

普通、真夏の公園は暑すぎるために避ける方も多いと思うのですが、ここの川遊び場所は「日陰」かつ「水が冷たい」ので、真夏の暑い日こそおすすめです!ぜひ夏の思い出におでかけしてみてはいかがでしょうか!

おすすめのアウトドアグッズレンタルサイト

アウトドア、キャンプ用品レンタルならそらのした がおすすめ。
スノーピークのテントをはじめ、タープやシュラフなどのキャンプセット、登山ギアなどの取り揃えが豊富です。


そらのした公式サイト