日本三景「松島」の遊覧船「第三仁王丸」乗船レポ 料金・乗り方やおすすめの座席位置など

第三仁王丸の全体写真

日本三景の1つである宮城県の松島。今回は松島湾を周遊する「第三仁王丸」に乗船してきました。

松島には多くの遊覧船が運行していますが、初めての方でも乗りやすいメジャーな遊覧船が第三仁王丸。船体が大きく、旅客定員は400名と最大です。50分間かけて松島湾をクルーズします。

この記事ではチケットの買い方、船内の様子やおすすめの座席位置などをお伝えしています。

この記事を読んでほしい人

  • 松島を観光する予定がある
  • 子連れで遊覧船に乗ってみたい
  • 船内の様子を知りたい

チケットの料金は?

遊覧船のチケット売り場と乗り場の位置関係を示している地図
上記の写真「A」の松島観光協会でチケット(当日券)が販売されています。遊覧船の乗り場は「B」の桟橋になります。

当日券の料金

  • 大人・・・1,500円
  • 子ども・・・750円(小学6年まで)

となっています。公式サイトでインターネット予約すると大幅に安くなります。

インターネット予約した場合

  • 大人・・・1,000円
  • 子ども・・・500円(小学6年まで)

現在「令和キャンペーン」が行われており、更に1割引きになります。遊覧船に乗る予定のある方はチケットを予約しておいた方が良いですね。予約方法や当日のチケットの受取り方法などは公式サイトを確認しておきましょう。

松島の遊覧船のチケット売り場の写真
チケット売り場。係の方が親切に対応してくれますよ。

ちなみに松島にある旅館やホテルでもチケットを販売しているところがあります。「遊覧船に乗る予定はなかったけど、天気がいいから乗ろうかな」というときには宿泊した旅館又はホテルで購入すると、当日料金よりも安く購入出来ます。ちなみに僕は、宿泊したホテルにて大人1枚1,000円で購入しました。

グリーン席の料金は?

グリーン席のチケットは仁王丸船内で購入可能です。料金は、

  • 大人・・・600円
  • 子ども・・300円

となっています。船の2階がグリーン席となっており、階段を利用して2階へ上がります。※グリーン席は割引なし。

遊覧船の乗り場はどこにある?

桟橋にある遊覧船の乗り場の写真

港にある桟橋に遊覧船乗り場があります。チケット売り場から乗り場までは徒歩1分程です。ちなみに第三仁王丸の乗り場は「1番のりば」になっています。

出航時間は?

午前9時の便からスタートし、1時間おきに出航します。非常に覚えやすい出航時間ですね。

【出航時間】

  • 9:00
  • 10:00
  • 11:00
  • 12:00
  • 13:00
  • 14:00
  • 15:00
  • 16:00(11/1~3/19は休航)

最終便は16時となっていますが、冬季は休航しているので注意が必要です。休航の期間が年によって異なる可能性があるので、事前に確認しておきましょう。

混雑時間帯は?

係の人に聞くところによると9:00発、12:00発の便は比較的空いているそうです。平日に大混雑するということはほとんどありません。

ちなみに僕が最もおすすめする便は16:00の便。夕日に照らされる島々がとても美しく、ノスタルジックな気持ちにさせてくれます。

第三仁王丸の航路は?

第三仁王丸の航路を示した地図
※公式サイトから引用

ちょうど50分松島湾内をクルーズし、元の出発地点に戻ってくるのが「仁王丸コース」です。反時計回りに周ります。

座席はどうなっているのか?

第三仁王丸の座席の写真

1階の普通席は左側が3列シート、中央が5列シート、右側が3列シートになっています。席数の合計は176席です。船後部のデッキの定員は56名となっています。全席自由席。

ちなみに僕が乗ったのは日曜日の11:00発の便。出発の15分くらい前に並びましたが座席の確保は余裕で出来ましたよ。

ベビーカーで乗船出来る?

ベビーカーや車椅子での乗船は可能です。桟橋と船の間にスロープがかけられているので、ベビーカーのまま乗船しそのまま座席まで移動出来ますよ。ちなみにベビーカーや車椅子の方専用の前方が広い座席もあるのですが、席数が限られています。ベビーカー置き場となる場所はないので、折りたたんで座席と前の座席との間に置いておきましょう。

赤ちゃんのおむつ替えは出来る?

第三仁王丸の1階デッキにあるトイレ
船後部の1階デッキにトイレがあり、そこで赤ちゃんのおむつ替えが出来ます。デッキと言っても屋根があるので、雨に濡れる心配もありません。

座席は左右どっち側に座るのがおすすめ?

どちらに座っても同じくらい見どころがあります。ただ、中央5列シートに座るよりは、左右どちらかのシートに座って松島の島々や奇岩などを間近で見た方が良いかもしれません。

強いていうなら「仁王島」と呼ばれる奇怪な形をした島があるのですが、僕はこの島が最大の見どころだと思っています。この島を通過するときには船内がざわつきます(笑)。第三仁王丸は仁王島の右側を通過するので、間近で見るなら進行方向左側の座席が良いですよ。


仁王島の写真。※クリックすると写真が表示されます。楽しみを取っておきたい方はクリックしないでください。

自動販売機はあるの?

1階デッキにある自動販売機の写真
デッキに自動販売機があります。観光地価格になっていないのは嬉しい限りです。船内には売店もあり、簡単な軽食や飲み物を購入することも出来ます。

船酔いについて

僕は船酔いしやすいタイプなのですが、第三仁王丸なら大丈夫。船体がかなり大きいので、強風で海が荒れている時でもほとんど揺れず、安定して航行します。

というのも僕が乗船した日は2019年11月17日の日曜日。この日の宮城県では最大風速16.6mのとてつもない強風が吹いていました。もともと奥松島の小型観光船に乗る予約をしていたのですが、当日の朝に運営会社から「強風のため中止」という連絡がありました(泣)。小型船は風の影響を受けやすいんですが、第三仁王丸のような大きい船は強風に強いんですね。

強風によって海面が乱れている様子を写した写真
強風の影響で海面が乱れていますが船は揺れませんでした。

ウミネコへの餌付けは出来る?

ウミネコへの餌付けを禁止する貼り紙
以前まではデッキにてウミネコに餌付けが出来ましたが、ウミネコの糞によって松島の松が枯れるという事態になったため平成26年4月1日からウミネコへの餌付けが禁止になりました。

さいごに

日本三景の松島の島々を間近で見られる遊覧船。冬でも暖かい船内で寛ぎながら過ごすことが出来ますよ。