キャンプ飯におすすめ!スキレットで作るサムギョプサルのレシピ

スキレットで作る簡単なサムギョプサルの作り方をお伝えします。

スキレットで焼くとすぐに火が通りあっという間にできるので、キャンプ料理にはおすすめです!さらに脂身の少ない「豚ロース肉」で作ることによってとてもヘルシーに仕上がります。

この記事を読んでほしい人

  • 簡単に作れるキャンプ飯のレシピを知りたい
  • 最近「脂身」がツライ

スキレットを使ったサムギョプサルのレシピ

豚ロース肉を使用して作る

サムギョプサルといえば豚バラ肉で作るものが主流ですが、豚バラ肉はどうしても脂が多く胃もたれしまう・・・という方もいるのではないかと思います。

年齢を重ねるにつれて脂がキツくなってきている僕ですが、今回は豚ロース肉を使ってサムギョプサルを作ってみました。ロース肉はバラ肉に比べ脂身が少なくとてもヘルシーです♪

今回用意したのは約250グラムの豚ロース肉です。結構大振りなお肉に見えますが、脂身が少なくパクパク食べられます。

切り込みを入れる

豚肉に火が入るように、あらかじめ肉に切り込みをたくさん入れておきましょう。十字になるように切り込みを入れておくと、焼き上がった時においしそうに見えますよ♪

塩、胡椒、すりおろしニンニクを揉み込む

塩、胡椒、大根おろし器ですりおろしたニンニクを、お肉を揉み込みましょう。

今回使用したのは「ニトスキ」こと、ニトリのスキレットです。

分厚い肉を焼く時にはスキレットを使用して焼くと肉汁が逃げずにおいしくなります♪

スキレットを十分に温める

スキレットを「中火」で熱し、少しの煙があがるくらいまで待ちます。その後スキレットに「ごま油」を入れます。ごま油がない場合には普通のサラダ油でもかまいません。

※豚ロース肉自体から脂が出るので、ごま油は少量でかまいません。500円玉大くらいでも大丈夫ですよ♪

肉をスキレットに乗せる

ごま油がスキレットに馴染んだら豚ロース肉を乗せます。一度乗せたら後は動かさないようにしましょう。

しっかりと火が通るように「アルミホイル」をかぶせます。※鍋のフタは決して使用しないでください。フタをしてしまうと「蒸し焼き」になり肉が固くなってしまいます。

中火で1分30秒~2分ほど焼いたら裏返しましょう。こんがりした焼き目が付いていればオーケーです♪

このときに付け合わせの野菜を投入します。好きな野菜で構いません。今回は冷蔵庫にあった「舞茸」「オクラ」を使用。

キノコ類は肉の脂を吸っておいしくなるのでおすすめです♪

再びアルミホイルをかぶせて1分30秒~2分ほど焼いたら肉を取り出し、食べやすい大きさにカットしましょう。

野菜に火が通っていない場合は、最後に野菜だけを炒めます。この時塩を振って味をつけます。野菜に火が通れば完成です。

完成

できました。サンチュに包んで辛味噌をつけていただきます。

ちょっとした脂が辛味噌とマッチしておいしいです♪

さいごに

今回はスキレットで簡単に作れるサムギョプサルのレシピをお伝えしました。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

材料

  • 豚ロース肉(スキレットに乗せられるだけ)
  • 塩、胡椒、にんにく
  • サンチュ
  • 辛味噌(味噌、豆板醤、砂糖)

キャンプ料理におすすめ!スキレットを使った鶏皮甘辛焼きのレシピ

2020.05.17


関わったすべての人に『感動!』をもたらすべく日々奮闘中!

特にこれといった才能はないけれど、営業経験やコールセンターのスーパーバイザー経験から得た「ビジネスマナー」や「電話対応」のノウハウを心を込めて執筆中。

自然が大好きで、暇さえあればキャンプやアウトドアに勤しむ自然人。メッセージはこちらから。


トップページへ戻る