「だろう運転」と「かもしれない運転」では大きな違いがある?実際の例を用いて解説

車

「だろう運転」「かもしれない運転」にはとても大きな違いがあります。事故を完全になくすことはできなくても、事故を限りなく少なくすることはできます。それは運転手の心がけ次第です。

だろう運転とは?

「だろう運転」とは、「きっと大丈夫だろう」と思い込んでの運転です。なんの根拠もない思い込みであるので、こういった考えを持って運転するのは大変危険です。

かもしれない運転とは?

一方「かもしれない運転」とは、「きっとこうだろうけど、もしかしたら違うかもしれない」と疑いながら運転することで、常に注意力を保ちながら運転することでもあります。

下記に「だろう運転」と「かもしれない運転」の違いの例を挙げましたので、ぜひ参考にして下さい。

「だろう運転」と「かもしれない運転」の違い

×「きっと歩行者は横断歩道を渡らないだろう」

◯「もしかしたら歩行者は横断歩道を渡るかもしれないから、減速しよう」

×「前の車は信号が黄色でも通過するだろう」

◯「前の車は停止するかもしれないから、止まろう」 

×「きっとこの速度でもカーブを曲がれるだろう」

◯「この速度だと曲がりきれないかもしれないから、減速しよう」

×「ちょっと疲れたけど、家までは走れるだろう」

◯「このまま運転すると注意力が散漫になるかもしれないから、少し休憩しよう」

このように、万が一の事を考えながら運転をすることで、事故を減らす可能性をぐっと減らすことができます。事故は起こすのも起こされるのも大変面倒なことです。少なくとも自分が原因の事故だけは避けたいところです。

駐車中の当て逃げ被害を防ぐ3つのポイント

2019.05.02

2020年最新版おすすめドラレコ


事故はお互いの主張が食い違うのが付きものですが、ドライブレコーダーさえあればしっかり証拠を残せるので、事故解決がスムースです。

Aneroのドラレコなら運転中はもちろんのこと、エンジンを切った後の駐車中の衝撃でも自動で録画を開始します。


ドラレコの詳細はこちら