100均の「液だれしにくい醤油さし」ならセリアがおすすめ!商品詳細レポ♪

セリアの醤油さし

セリアの「液だれしにくい醤油さし」が使いやすくておすすめです♪

この記事を読んでほしい人

  • 液だれしにくい醤油さしを探している
  • セリアの醤油さしの詳細を知りたい

セリアの醤油さしを買ってみた

今まで使っていた醤油さしにまさかのひび割れが生じてしまったので、新しいものを購入するため近所にある100円ショップ「セリア」へ。

セリアのキッチンコーナーにある醤油さしコーナー

キッチンコーナーにはたくさんの醤油さしが並べられていましたが、なかでも目についたのが、

「液だれしにくい!」というシールが貼られていたこの商品。

液だれしにくい!と書かれたシールが貼られた醤油さし

この言葉を信じて、さっそく購入してみました♪

商品ディテール

セリアの醤油さし

見た目はとてもシンプルでおしゃれなミニサイズの醤油さしです。100円でこの見た目なら御の字です♪

注ぎ口が斜めになっているんですが、「上側」の部分が「下側」よりも長く作られています。その逆のほうが液だれしにくいイメージでしたが、それでも液だれはしにくいとのこと。

容器は透明

シールをすべて剥がした後のセリアの醤油さし

容器が透明なので、容量が一目でわかるのがいいですね。いままで使っていた醤油さしは陶器製で中身が見えず、重さもあったので残りの「醤油残量」が分かりにくかったんです(泣)

素材はガラス

素材が書かれた商品説明書

手に取ってみるまで素材はガラスなのかプラスチックなのかはっきりと分かりませんでしたが、素材は「ソーダガラス」というものでできています。

ガラス製なので、落としたら割れてしまう可能性が高いので注意ですね。

というよりも割れてしまうと醤油とガラスが飛散してたいへんな状況になるので、特段注意が必要ですね(苦笑)

容器にカーブあり

「円柱」の容器ではなく、高さの中央にカーブがあります。

カーブによってちょっとした高級感?みたいなものも感じられます。また、持った時に「手に馴染む」といったメリットもあります♪

容量は110ml

醤油さしの容量が記載されているシール

大容量というわけではないので、ある程度の頻度で補充が必要になりそうです。

醤油さしは主に食卓で使用し、調理で醤油を使う場合には醤油ボトルから「直」で注ぐなどの使い方をすると良いかもしれません。

液だれしないか試してみた

醤油が補充された醤油さし

醤油さしに醤油を満量補充(入れ過ぎ!)し、実際に使用してみましたが、液だれしにくいです♪

ものすごく「キレ」が良く、簡単には液だれしません。

醤油さしの空気穴の位置を示している写真

注ぎ口の反対側にある「空気穴」を活用すれば更に「キレ」が良くなりますよ♪

細かすぎる商品ディテール

商品に貼ってあるシールは剥がしやすいか?

以前から100円均一の商品のシールは、シール跡が残りやすいものが多く剥がすのに苦戦していました(苦笑)

しかし最近では改良が加えられたのか、剥がしやすいシールが増えてきましたね。

セリアの醤油さしには3枚のシールが貼られていますが、肝心の剥がしやすさはどうかというと・・・。

シール跡が残っていないことを示す写真1
シール跡が残っていないことを示す写真2
シール跡が残っていないことを示す写真3

3枚ともきれいに剥がれるタイプのものでした♪これは楽です♪

容器の直径は?

容器の接続部分の直径は「3.3cm」です。一般的なペットボトル容器の注ぎ口よりもはるかに大きいので、醤油の補充がとても簡単です♪

醤油さしに醤油を補充している様子

このように楽に注げますよ♪中身を使い切ったあとも、スポンジが容器の中に入るので洗いやすいですよ♪

さいごに

今回はセリアの液だれしない醤油さしについてご紹介しました♪100円でこのパフォーマンスは正直「買う価値あり」だと思います。

はじめは容量が110mlと少なく感じましたが、よく考えてみると醤油さしの中身は常に空気に触れているものなので、衛生面のことを考えるとそんなに大容量じゃなくてもいいのかな、と思います。

フタの「パッキン」の摩耗が少なければ半永久的に使える商品なので、液だれしにくい醤油さしを探している方にはぜひおすすめします♪

100円ショップ「セリア」のスキレットカバー購入レポ♪シンプルなレザー製でおしゃれ♪

2020.04.28


当サイトの理念について

関わったすべての人に「感動!」をもたらすべく日々奮闘中!

特にこれといった才能はないけれど、営業経験やコールセンターのスーパーバイザー経験から得た「ビジネススキル」や「電話対応」のノウハウを心を込めて書いてます。

自然が大好きで、暇さえあればキャンプやアウトドアに勤しむ自然人。メッセージはこちらから。


トップページへ戻る