LG21ヨーグルトの効果は?食べるタイミングは?徹底的に調べてみました

LG21ヨーグルト

数多くの種類が販売されている「機能性ヨーグルト」ですが、なかでも長い間売れ続けているのが、明治から販売されている「LG21ヨーグルト」。

2000年に発売されて以来、8種類のLG21ヨーグルトが販売されていますが、これまでに販売された個数はなんと50億個以上。ドリンクタイプのものを含めると1日あたり100万個以上売れているとても人気のあるヨーグルトです。

今回はロングセラー商品「LG21ヨーグルト」の人気の秘密と、食べることによって得られる効果、食べるタイミングについて徹底的に調べてみました。

この記事を読んでほしい人

  • 免疫力を上げたい
  • LG21ヨーグルトの効果を知りたい

LG21ヨーグルトについて

購入したLG21ヨーグルトを撮影した写真

LG21ヨーグルトは、株式会社明治から販売されている機能性ヨーグルトです。

明治が保有する2,500種類以上のヨーグルトの菌株の中から、特別に選び抜かれた乳酸菌が「LG21乳酸菌」。

正式には「Lactobacillus Gasseri OLL2716株(ラクトバチルス属ガセリ菌)」という名称で、頭文字の「L」と「G」、21世紀の飛躍を込めて「LG21乳酸菌」と名付けられました。

LG21乳酸菌の特徴は?

明治と東海大学医学部の研究チームが長きにわたって研究し、たどり着いたLG21乳酸菌は、「酸に対する耐性が強い」ことが特徴。

胃の中というのはPH1~2の強力な「酸性」ですが、そんな胃の酸性条件でも生き残る力が強く、さらに増殖性が高いため、多くのLG21乳酸菌がしっかり生きたまま腸まで届きます。

LG21乳酸菌は免疫力を高める

人間の免疫力というのは30%が「自律神経(心)」で作られています。ストレスをなるべく溜めず、笑って過ごすと免疫力が高まるということはよく言われていますね。

そして残りの70%がどこで作られるかというと、実は「腸」で作られています。免疫力が高まれば、菌やウイルスから体を守る事ができます。

そこで腸が活発に働くために必要なものが、腸が大好物としている「乳酸菌」。(オリゴ糖やビフィズス菌、食物繊維も効果的)

生きた乳酸菌を腸に届けることによって、腸の機能を活性化させ免疫力を高めることができます。

ピロリ菌の減少効果もある

さらにLG21乳酸菌には、ピロリ菌を減少させる効果があることも証明されています。

日本人の約4分の1(約3,500万人)が感染しているといわれているピロリ菌。ピロリ菌は胃炎、胃癌、胃潰瘍などを引き起こす原因であることが明らかになっています。

そこで東海大学医学部の古賀泰裕教授らが、ピロリ菌の感染者30人に対して実験を行いました。

30人に乳酸菌OLL2716株を含まないヨーグルト(1個90g)を1日2回、8週間連続で食べてもらい、その後乳酸菌OLL2716株を含むヨーグルト(1個90g・乳酸菌OLL2716株を10億個含む)を1日2回、8週間食べてもらいました。その結果、乳酸菌OLL2716株を含むヨーグルトを食べた後で、食べる前よりもピロリ菌の活動が抑制され、胃の炎症の改善が認められました。

引用:明治ヨーグルトライブラリー

このように一定期間継続して食べ続けることで、ピロリ菌の活動が抑制されることが正式に発表されています。

LG21ヨーグルトを食べるタイミングは?

時計

LG21ヨーグルトを食べるタイミングとしておすすめなのが「食後」です。

先程お伝えしたように、胃の中で生き残る力の強いLG21乳酸菌ですが、それでも胃酸というものはとても強力。

しかし胃の中に食べ物が先に入ることで、胃酸がLG21乳酸菌に与える影響をやわらげ、より多くの生きたLG21乳酸菌が腸まで届くということが期待できます。

食べるのにおすすめの時間帯は?

ヨーグルトは朝食べた方が効果的というイメージがあり、僕は実際朝にヨーグルトを食べ続けていた時期があったんですが、実はこれは間違い(苦笑)。

ヨーグルトは「夕食後」に食べるのが最も効果的なんです。

腸というは夜22~翌2時までの間が最も活発に活動する時間帯。「腸のゴールデンタイム」と言われ、人間が眠っている間に乳酸菌が腸内で活動し、腸内環境を整えたり、老廃物の排泄などが行われています。

LG21を食べ始めてみたきっかけについて

TVCMでもたびたび話題になっている機能性ヨーグルトですが、免疫力を高めるためにまずはヨーグルトで腸内環境を整えてみよう、と思い食べ始めたのがきっかけです。

そんな時、コンビニにたまたま売っていたLG21ヨーグルトをなんとなく買って食べてみたところ、

とても食べやすかったんですね♪

プレーン味のヨーグルトはどうしても酸味が強いため砂糖を入れて食べている僕ですが、LG21ヨーグルトは酸味が少なく、ほのかな甘みがあって絶妙なおいしさです♪

LG21ヨーグルトの中身をスプーンですくった様子

このようにサラっとしているためカップに付きにくく、きれいに食べられるのも嬉しい限りです。クリーミーすぎるヨーグルトだとスプーンから垂れたりもしますが、LG21ならスマートに食べられます。

コロナウイルス対策にLG21ヨーグルトは効果がある?

コロナウイルス対策としてヨーグルトの売れ行きが上がっているようですが、

現段階でヨーグルトがコロナウイルスに効果的であるかどうかは、はっきりしていない状態です。一部の専門家によると全く効果がないという話も出ているそうです。

しかし免疫力を高めれば菌やウイルスに対して強い体になることは確かです。きっと効果があるに違いない、と思いながら食べていこうと思います。

LG21ヨーグルトの値段について

スーパーに立ち寄った際には必ず値段をチェックしていますが、

1個あたり120円〜130円台(税抜)で売られていることが多いですね。

118円で売られているLG21ヨーグルト
128円で売られているLG21ヨーグルト

まれに110円台で売られていることがあるので、そのときにはまとめ買いをしています♪

購入の日から2週間後くらいが賞味期限になっていることが多いので、多い時では10個くらいまとめ買いすることもあります。

さいごに

今回はLG21ヨーグルトの効果、食べるタイミングなどをお伝えしました。

2日に1回ほどLG21ヨーグルトを食べ3ヵ月以上経過していますが、風邪を引くことが少なくなり、なんとなくですが体が軽くなったような気がします♪

免疫力を高めたいという方にはぜひおすすめします。

商品情報

商品情報
商品名 明治プロビオヨーグルトLG21
内容量 112g
エネルギー 89kcal
たんぱく質 3.8g
脂質 3.4g
炭水化物 10.9g
食塩相当量 0.12g
カルシウム 134mg