コールセンターの言葉遣い3つのポイント!働く前に覚えておきたい

コールセンターで働く女性

コールセンターで働くにあたって覚えておきたい言葉遣いについてご紹介します。

下記で説明する3つの言葉遣いさえ覚えておけば、お客様との応対も自信をもって行うことができます。

専門的な知識などは後からついてくるものなので、まずは基本さえ覚えておけば問題ありません。

この記事を読んでほしい人

  • コールセンターで働いてみたい
  • コールセンターで働くうえでの基本を知りたい

コールセンターで使用する3つの言葉遣いについて

敬語

まずはなんといっても「敬語」の使用です。

お客様絶対主義ということではありませんが、お客様に商品やサービスを利用してもらい、オペレーターはお金をもらっているので、感謝の気持ちを持ってお客様と対応する必要があります。

すべてにおいて完璧な敬語というのは存在しませんが、大事なのはお客様を敬う気持ちです。

しっかりと敬語を使用してお客様との対応にのぞみましょう。

コールセンターで使用する57の正しい敬語一覧について

2017.11.28

相槌

相槌とは、相手の話をきちんと聞いています、という意思表示であり、お客様の話を親身になって聴くために必要なスキルです。

適切な間、適切なタイミングで相槌を打つ必要がありますが、はじめのうちは慣れるまで時間がかかるかもしれません。

ただ、相槌の言葉の種類やバリエーションなどをあらかじめ習得しておくと、ここぞというときにスムースに発することができます。

コールセンターで使用する適切な相槌について 相槌の種類・適切ではない相槌も解説

2017.11.30

クッション言葉

お客様になにか伝えることや依頼することがある場合、直接的な表現を避け失礼な印象を与えないために使う言葉です。

クッション言葉の有無によって、お客様が受け取る印象はガラリと変わります。

はじめのうちは意識的に使用することで、クッション言葉の使用のタイミングや、使うべきところなどが分かってきます。慣れてくると自然とお客様に対してクッション言葉を使用することができます。

コールセンターで使用する効果的なクッション言葉について

2017.11.28

さいごに

以上、コールセンターで使用する3つの言葉遣いでした。

しっかりとお客様を敬う気持ちを持って対応すれば、お客様も喜んでいただけることと思います。



当サイトの理念について

関わったすべての人に「感動!」をもたらすべく日々奮闘中!

特にこれといった才能はないけれど、営業経験やコールセンターのスーパーバイザー経験から得た「ビジネススキル」や「電話対応」のノウハウを心を込めて書いてます。

自然が大好きで、暇さえあればキャンプやアウトドアに勤しむ自然人。メッセージはこちらから。


トップページへ戻る

コミュニケーション力が格段に上がるおすすめ「良本」!



「丸い卵も切りようで四角、ものも言いようで角が立つ」と言われるように、同じ内容でも言い方や伝え方によって相手が受ける印象が大きく変わります。

伝え方が9割では、自分が本当に伝えたいことを相手に伝えるための魅力的な言葉や方法がたくさん書かれている、まるで魔法のような1冊です。


本の詳細はこちら