コールセンターでは【命令形】ではなく【依頼形】でお願いをしよう

相手の人になにかをお願いするとき、

「〜してください」

と言ってしまうと、一見丁寧に見えますが、命令しているニュアンスが伝わってしまいますね。

そんなときは、「命令形」ではなく、「依頼形」でお願いすると柔らかい印象となり、相手に与えるニュアンスが大きく変わってきます。

依頼系で伝えよう

「〜して頂けますか」
「〜して頂いてもよろしいでしょうか」

このようにお願いをすれば、相手も決して嫌な気持ちにはならないと思います。さらにクッション言葉を使用すれば、さらに丁寧な印象を与えますね。

「恐れ入りますが、ご住所をお伺いしてもよろしいでしょうか」
「ご面倒ですが、申し込み用紙をお送り頂いてもよろしいでしょうか」

このように「クッション言葉」+「依頼形」でお願いすれば、お客様にご不快な思いをさせず、こちらからのお願いを聞いてもらいやすくなりますね。



当サイトの理念について

関わったすべての人に「感動!」をもたらすべく日々奮闘中!

特にこれといった才能はないけれど、営業経験やコールセンターのスーパーバイザー経験から得た「ビジネススキル」や「電話対応」のノウハウを心を込めて書いてます。

自然が大好きで、暇さえあればキャンプやアウトドアに勤しむ自然人。メッセージはこちらから。


トップページへ戻る

コミュニケーション力が格段に上がるおすすめ「良本」!



「丸い卵も切りようで四角、ものも言いようで角が立つ」と言われるように、同じ内容でも言い方や伝え方によって相手が受ける印象が大きく変わります。

伝え方が9割では、自分が本当に伝えたいことを相手に伝えるための魅力的な言葉や方法がたくさん書かれている、まるで魔法のような1冊です。


本の詳細はこちら