「下のお名前を教えて下さい」は失礼!?相手の名前の正しい聞き方について

コールセンターでお客様のお名前を確認する際には、お客様の「名字」だけでなく、「名前」も必要です。その理由として、

  • お客様の契約内容を確認するため
  • 契約者の家族からの問い合わせの場合、家族のうちの誰と話しているのかはっきりさせるため

などが挙げられます。

では名字のみ申告いただいたお客様に対して、どのようにお名前をお伺いすればよいのでしょうか。

今回はお客様のお名前を聞くときの失礼のない聞き方についてお伝えします。

「下のお名前を教えてください」は失礼

「下の名前」は正式名称ではない

人物には名字(姓)と名前があるだけで、「下の名前」という言い方は存在しません。

名前は一つだけで上も下もありませんから、「下の名前」というのはとても違和感のある言葉です。また、本来敬うべきお客様に対して、

  • 「上」
  • 「下」

と形式化して伝えるのも印象が良くありません。失礼にあたります。

「下のお名前を教えてください」の言い換え方法について

相手の名前を聞きたいとき、正しい敬語での表現はそのままシンプルに、

  • 「フルネームをお伺いしてもよろしいでしょうか?」

とするのが正解。更に印象が良いのは、

  • 恐れ入りますが、フルネームをお伺いしてもよろしいでしょうか?」
  • 「名字は〇〇様ですね、恐れ入りますが、フルネームをお伺いしてもよろしいでしょうか?」 

というように「クッション言葉」を使用すると、より一層柔らかで丁寧な聞き方になります。

コールセンターやビジネスで使う12のクッション言葉の種類一覧と例文について

2017.11.28

こんな名前の聞き方もNG

相手の名前を聞くとき、「お名前頂戴できますか?」と言っている方もごくまれに見られます。

名前というものはあげたりもらったりするものではないので、このような表現は避けましょう。

また、「お名前教えて頂けますか」と言っている方もいますがこれも論外。「名前」という言葉に「様」は付きません。

POINT

「フルネームをお伺いしてよろしいでしょうか」と、そのまま覚えましょう。

コールセンターで使ってはいけない9つのNGワードについて

2017.12.01



当サイトの理念について

関わったすべての人に「感動!」をもたらすべく日々奮闘中!

特にこれといった才能はないけれど、営業経験やコールセンターのスーパーバイザー経験から得た「ビジネススキル」や「電話対応」のノウハウを心を込めて書いてます。

自然が大好きで、暇さえあればキャンプやアウトドアに勤しむ自然人。メッセージはこちらから。


トップページへ戻る

コミュニケーション力が格段に上がるおすすめ「良本」!



「丸い卵も切りようで四角、ものも言いようで角が立つ」と言われるように、同じ内容でも言い方や伝え方によって相手が受ける印象が大きく変わります。

伝え方が9割では、自分が本当に伝えたいことを相手に伝えるための魅力的な言葉や方法がたくさん書かれている、まるで魔法のような1冊です。


本の詳細はこちら