コールセンターでは「すみません」より「ありがとう」と言おう

みなさんは「すみません」と「ありがとう」、どちらの言葉を多く使っていますか。

他人に親切にしてもらったときに、通常は「すみません」と言ってしまう方が多いと思います。

でも実際、あなたが他人に親切に接したとして、言われて嬉しいのはどちらの言葉でしょうか。

女性のイラスト

たとえば、あながオフィスのエレベーターで大勢が降りる際に「開く」ボタンを押して相手を優先させた場合、

「すみません」と言われるより「ありがとう」または「ありがとうございます」と言われた方が嬉しくなりませんか。

「ありがとう」よりも「すみません」のほうが、言葉として発する際に抵抗が少ない言葉だとは思います。

けれども相手が嬉しく感じるなら、「ありがとう」と伝え、お互いに良い気持ちになるのも悪くないかもしれません。

こんな時は「ありがとう」と伝えよう

・掃除をして頂いてすみません。→掃除をして頂いてありがとう!
・コピーを取ってくれたみたいでどうもすみません。→コピーを取って頂きありがとうございます!
・企画して頂いてすみません。→企画頂きありがとうございます!

このように、ありがとうと伝えたほうが相手と自分にとって気持ちの良い感じがしませんか。

これからは「すみません」よりも「ありがとう」を積極的に使用していきたいものです。



当サイトの理念について

関わったすべての人に「感動!」をもたらすべく日々奮闘中!

特にこれといった才能はないけれど、営業経験やコールセンターのスーパーバイザー経験から得た「ビジネススキル」や「電話対応」のノウハウを心を込めて書いてます。

自然が大好きで、暇さえあればキャンプやアウトドアに勤しむ自然人。メッセージはこちらから。


トップページへ戻る

コミュニケーション力が格段に上がるおすすめ「良本」!



「丸い卵も切りようで四角、ものも言いようで角が立つ」と言われるように、同じ内容でも言い方や伝え方によって相手が受ける印象が大きく変わります。

伝え方が9割では、自分が本当に伝えたいことを相手に伝えるための魅力的な言葉や方法がたくさん書かれている、まるで魔法のような1冊です。


本の詳細はこちら