「お電話差し上げます」は正しい敬語?上から目線な印象を与えない言い換え方法について

「担当者が戻り次第、お電話差し上げます」

この「差し上げます」という言葉、ビジネスやコールセンターでは良く聞く言葉ですね。

「差し上げる」という言葉は本来は「あげる」の謙譲語です。

よって「お電話差し上げます」という使い方自体は文法的に間違っていませんが、どこか違和感を感じるような言葉です。

ビジネスシーンやコールセンターでは使って良いの?

ビジネスシーンやコールセンター内で「お電話差し上げます」という言葉を使用しても間違いではありません。

ただ、「あげる」という言葉自体、偉そうで上から目線な印象を与えてしまいますよね。

  • ~してあげる
  • ~見せてあげる
  • ~やってあげる

など。言葉を発している本人にとっては親切心から出た言葉だとしても、受け手側としてはどことなく見下されているような感じを受けるかもしれません。

「お電話差し上げる」という言葉には、

「わざわざ電話してあげますよ」

というニュアンスを少なからず含んでしまうため、この言葉に違和感を覚える人も多いようですね。

「食事を作って差し上げましょうか?

と言われると、親切心から出た言葉であったとしてもどこかしら「厚かましさ」のようなものを感じとってしまいます。それよりも、

「食事を作りましょうか?」

と言われたほうが素直に聞き入れやすい柔らかな印象を受けます。

「お電話差し上げます」の言い換えについて

「差し上げます」の言い換え方法としては「いたします」が最も適しています。

ビジネス上やコールセンターでは「お電話差し上げます」ではなく、

担当者が戻り次第、お電話いたします。

とシンプルに伝えれば全く問題はないでしょう。

また、「お電話いたします」と同様の意味の

「ご連絡いたします」

を使用しても問題ありません。

お電話いたしますの使用例

  • 担当者が戻り次第、お電話いたします
  • その件につきましては社内で事実を確認し、後ほどお電話いたします
  • 確認が取れ次第、至急お電話いたします
POINT「お電話差し上げます」は文法的には間違いではないが、相手に不快に思われる可能性があるため、使用しない方が良い。

コールセンターあるある20選をご紹介【現役SV厳選】

2019.07.14

おすすめ通信講座情報!

語学やビジネススキルの資格取得を目指すなら、オンラインスクールのオンスク.JPがおすすめです!

講座ごとの面倒な手続きがなく、月々980円(税抜)で気になる講座をいくつでも受けられます。40種類以上の講座が受けられる「ウケホーダイ」ならスキマ時間にスマホで簡単に受講できます。

無料体験もできるので、まずは気になる講座をチェックしてみてはいかかでしょうか。

月額定額サービス
【ウケホーダイ】