電話の相手に「もしもし」は失礼!?もしもしの言い換え方法について

黒電話

「もしもーし!?」

誰もが一度は発したことのある言葉だと思いますが、

実はビジネスやコールセンターでは「もしもし」という言葉はNGワードとされています。

そもそも「もしもし」の語源は?

辞書

語源については諸説あるようですが、かつて会話の最中に、

「これから私が話し(申し)ますが、よろしいですか?」

という意味合いで、

「申す、申す」

という言葉が使われていたそうです。

若干上から目線な印象を受ける言葉でもありますね。

「申す、申す」が徐々に変化し、

「もし、もし」

「もしもし」

となったようです。

どんなときに「もしもし」が使われてる?

黒電話

どんなときに「もしもし」が使われているかというと、下記の2つのパターンが一般的です。

電話の第一声での「もしもし」

かかってきた電話を受けたときに「もしもし」と返答する人は少ないとは思いますが、

よくあるパターンが、

電話をかけた側が第一声で「もしもし」という場合。

電話の相手が電話に出た後、

こちらの声がちゃんと聞こえているかどうかを確認するために「もしもし」を使う場合です。

電話の相手が「はい」と返答したことを確認した後に、話し始めるというパターンです。

相手の声が聞こえにくいときの「もしもし」

電波状況が悪くなるなどして、相手の声が聞こえにくくなった場合に、

「もしもし!?もしもーし!聞こえてますか!?」

という具合で「もしもし」を使うパターンがあります。

「もしもし」の言い換え方法について

changeと書かれた看板

第一声での「もしもし」の言い換え方法

ビジネス、コールセンターでは「もしもし」はご法度。

開口一番、自分自身の声が正しく聞こえているかどうかの確認のために「もしもし」と言ってしまうと、

「作法のなっていない会社だな」

という印象を与えかねません。

「もしもし」は使わず、

「お世話になっております、○○社の○○と申します」

と名乗るだけで問題ありません。

相手の声が聞こえにくい場合の「もしもし」の言い換え方法

電話中に突然相手の声が聞こえなくなると、どうしても「もしもし?」と言いたくなります。

そのような場合には、

「もしもし」ではなく、

「相手の名前」を呼びかけるのがマナーです。

「〇〇様?○○様?」と呼びかけるだけで良いのです。相手の名前がまだ不明である場合には、

「こちらの声は聞こえていますか?」と呼びかけます。

さいごに

「もしもし」というワード自体決して失礼なワードではないのですが、

使ってしまうと、会社の作法、教育について疑問を持たれる可能性があるので、使用しないほうが賢明です。

おすすめ通信講座情報!

語学やビジネススキルの資格取得を目指すなら、オンラインスクールのオンスク.JPがおすすめです!

講座ごとの面倒な手続きがなく、月々980円(税抜)で気になる講座をいくつでも受けられます。40種類以上の講座が受けられる「ウケホーダイ」ならスキマ時間にスマホで簡単に受講できます。

無料体験もできるので、まずは気になる講座をチェックしてみてはいかかでしょうか。

月額定額サービス
【ウケホーダイ】