お客様が社内用語を使った場合、どうしたらいい?

コールセンターではお客様に対して社内用語は使用しません。社内用語は文字通り社内だけで使用する言葉です。社内用語には例として以下のようなものがあります。

どんな社内用語があるの?

「リミット」=上限額

「ペイメント」=支払い

「キャリア」=携帯会社や航空会社のこと

「リザベーション」=ホテルなどの予約

こういった社内用語がありますが、お客様には決して使ってはいけません。しかし従業員同士ではこういった用語を使用するため、ついお客様へ社内用語を使用してしまいがちですが、お客様とお話しする場合は必ず一般用語に置き換えて使用しましょう。

お客様が社内用語を使った場合はどうしたらいいの?

同業種の仕事をしているお客様などは、社内用語を使用されることがあります。
例えば
「この日程だとどこのキャリアが空いてますか?」
などです。その場合
 「航空会社の空席のことでございますね?」
などとわざわざ言い換えないようにしましょう。

わざわざ言い換えますと不遜な印象を与えかねません。こういった場合は航空会社と言い換えず、社内用語であるキャリアとも言わずに、
「では空席の状況を確認致します」
と言えるのが応対のプロかもしれません。

コールセンターで使用する57の正しい敬語一覧について

2017.11.28


当サイトの理念について

関わったすべての人に「感動!」をもたらすべく日々奮闘中!

特にこれといった才能はないけれど、営業経験やコールセンターのスーパーバイザー経験から得た「ビジネススキル」や「電話対応」のノウハウを心を込めて書いてます。

自然が大好きで、暇さえあればキャンプやアウトドアに勤しむ自然人。メッセージはこちらから。


トップページへ戻る

コミュニケーション力が格段に上がるおすすめ「良本」!



「丸い卵も切りようで四角、ものも言いようで角が立つ」と言われるように、同じ内容でも言い方や伝え方によって相手が受ける印象が大きく変わります。

伝え方が9割では、自分が本当に伝えたいことを相手に伝えるための魅力的な言葉や方法がたくさん書かれている、まるで魔法のような1冊です。


本の詳細はこちら