コールセンターでは電話を取り次ぐ前に一言伝えよう

「担当者へお繋ぎします」が大事

お客様がコールセンターにお電話をする際、内容によって既に担当者が決まっている場合があります。その際に担当者に電話を取り次ぐ前に

「担当の者にお電話をお繋ぎしますので、このままお待ち下さい」
と伝えてから電話を取り次ぐように心がけましょう。

「少々お待ち下さい」とだけ伝えられ、突然電話口が別の人に変わるのは、失礼になります。少しでも早く担当者に電話を繋ぎたいという理由もありますが、あらかじめ一言お伝えるするだけで印象が良くなります。

担当が付いているかどうか確認するために一旦電話を保留にした後、担当者が付いていることが分かった場合でも、すぐに担当者に電話を繋ぐのでなく、一旦保留を解除し、「担当の者にお電話をお繋ぎしますので、お待ち下さい」と伝えてから、電話を繋ぎましょう。

その際に、「電話をお回しします」とは言わないように注意しましょう。電話は回す物ではなく繋ぐものです。お回ししますは、たらい回しを連想してしまい、お客様と真摯に向き合っていない印象を与えてしまいます。

おすすめ通信講座情報!

語学やビジネススキルの資格取得を目指すなら、オンラインスクールのオンスク.JPがおすすめです!

講座ごとの面倒な手続きがなく、月々980円(税抜)で気になる講座をいくつでも受けられます。40種類以上の講座が受けられる「ウケホーダイ」ならスキマ時間にスマホで簡単に受講できます。

無料体験もできるので、まずは気になる講座をチェックしてみてはいかかでしょうか。

月額定額サービス
【ウケホーダイ】