コールセンターでの電話番号案内時の2つのNGポイント

オペレーターがお客様への電話番号を案内する際、陥りがちな2つのNGポイントがあります。

電話番号の間に「の〜」を入れない

たとえば、「056-123-4567」という番号を案内する際、

オペレーター
「ゼロゴーロクの〜

 イチニサンの〜

 ヨンゴーロクナナです〜」

と、番号の間に「の〜」を入れてしまうオペレーターがいますが、これは適切ではありません。幼稚な印象さえ与えてしまいます。

また、「の〜」「5」に聞こえてしまう可能性もあり、番号の案内誤りが生じてしまうことにもなりかねるため、このような言い方は避けましょう。

「番」を最後に付けない

番号の最後に「番」を付け加えることも適切ではありません。

オペレーター
 「056-123-4567」です。

と言った具合です。

「番」と言うのが「3」に聞こえてしまう可能性があり、これもまた番号の案内誤りに繋がってしまいます。

POINT
余計な言葉は伝えずに、最小限の言葉で正確に伝えられるように心掛けましょう。

ひらがな、数字、アルファベットを正確に伝えるための3つの方法について

2018.01.30

おすすめ通信講座情報!

語学やビジネススキルの資格取得を目指すなら、オンラインスクールのオンスク.JPがおすすめです!

講座ごとの面倒な手続きがなく、月々980円(税抜)で気になる講座をいくつでも受けられます。40種類以上の講座が受けられる「ウケホーダイ」ならスキマ時間にスマホで簡単に受講できます。

無料体験もできるので、まずは気になる講座をチェックしてみてはいかかでしょうか。

月額定額サービス
【ウケホーダイ】