コールセンターはトイレに行けないほどキツイってホント?実際のところを解説

コールセンターは「キツイ」「ツライ」「ストレスがたまる」

とよく言われます。

実際のところ、コールセンターの仕事に向いていない人にとってはそう感じるかもしれませんが、

向いている人にとっては、

「楽すぎ」

とも言われているのがコールセンターです。

ところでコールセンターの仕事は、

「気軽にトイレに行けるの?」

という質問をよく聞きます。

今回は3社のコールセンターを経験した僕が、コールセンターのトイレ事情についてお伝えしたいと思います。

この記事を読んでほしい人

  • コールセンターで働いてみたいと思っている
  • 気軽にトイレに行ける職場を探している

コールセンターはトイレに行けない?

結論から申しますと、

コールセンターでは気軽にトイレが行けます!

というか遠慮なく行ってください(苦笑)デスクで漏らされても困るので…。

お客様からの入電が立て込んでいるからといって、限界まで我慢するとかなり危険です。

トイレを我慢して取った電話が、「クレーマー」からの電話の場合、30分~1時間くらい話し込まれることもありますから(笑)

トイレに行きたくなったなと感じたら、サッと素早く席を立ち、オーラを消しつつトイレに向かうのが最大のコツです。

電話中にどうしてもトイレに行きたくなった場合は?

基本的に、1件の電話を終えパソコン上の「応答履歴」なるものにお客様とのやりとりの内容などを入力し、応対を完結させた後にトイレに行きます。

しかし、どうしてもお客様との話し中に、お腹が痛くなってトイレに行きたくなってしまうオペレーターもいます。

そんなときは遠慮せず、

電話中に上司(リーダー、スーパーバイザーなど)に電話を代わってもらって、トイレに行きましょう♪

上司に電話を代わってもらってトイレに行ける

先程も言いましたように、

漏らされても困るので、

我慢の限界を迎える前に上司に電話を代わってもらいましょう。

お客様との電話を保留にし、上司に対して、

「すみません、話し中なんですがどうしてもお腹の具合が・・・」

と伝えて代わりに対応してもらいます。その時、どんな内容の電話なのかもめっちゃ簡潔(2秒くらい)に伝えましょう。

実際に僕もスーパーバイザーをやっていたときに、何度かトイレに行きたいオペレーターの電話を代わった経験がありますが、

何の問題もなく対応できてます(笑)人が変わった理由などは特に聞かれませんし、上司ならうまくやることでしょう。

コールセンターはむしろトイレに行きやすい

トイレに行くな!っていう会社はないと思いますが、コールセンターは逆にトイレに行きやすい職種かとも思います。

むしろ学生の時にアルバイトをしていたレストランのホール業務のほうが、混雑時にはトイレに行きにくかったですね(苦笑)

混雑している店でホール2名、キッチン2名でやってたので、トイレは10秒くらいで済ませてましたね(笑)

一方コールセンターではどんなに忙しいと言えども、1件の応対を完結させた後であれば、行きたい時にトイレに行けます。

トイレの行きすぎはチェックされてる

いくら気軽にトイレに行けるからといって、あまりにも頻繁にトイレに行くと、目を付けられます(笑)

実はコールセンターには「ログイン時間」「離席時間」というものがあって、そこから「離席率」を割り出され、スーパーバイザーや課長などに把握されます。

この離席率というものが高ければ高いほど、トイレやタバコ休憩などに行っているということで、いわば、

「仕事をしていない時間」

ってわけですね。この数値は月平均で算出されます。「1~3%」内であれば平均なんですが、5%以上の数値が続くと、

「席にいなさすぎ」

とマークされ、場合によってはお叱りを受けることもあります。この数値は個人の成績等にも反映されることもあります。

トイレに行きやすいのは、入電が落ち着いているとき

混雑してもトイレには行けるんですが、

最も気軽にトイレに行けるのが、入電が落ち着いているときです。

まあ、

暇なときにトイレに行っとけ

ってことですね。オペレーターは現在の入電状況を確認できるので、入電状況を見計らって、暇なときにトイレに行くのがベストです。

逆に暇なときにはトイレに行く人が集中するので、座席を見渡し、全体の人数をざっと見て、

「ここぞ!」

というタイミングで素早くトイレに行くのがコツです。

さいごに

今回はコールセンターのトイレ事情についてご紹介しました。

コールセンターでは気軽にトイレが行けるので、安心して仕事を探してみてください♪

コールセンター未経験者におすすめの業種は?実際に働いた経験のある業種をご紹介

2020.06.03


当サイトの理念について

関わったすべての人に「感動!」をもたらすべく日々奮闘中!

特にこれといった才能はないけれど、営業経験やコールセンターのスーパーバイザー経験から得た「ビジネススキル」や「電話対応」のノウハウを心を込めて書いてます。

自然が大好きで、暇さえあればキャンプやアウトドアに勤しむ自然人。メッセージはこちらから。


トップページへ戻る

コミュニケーション力が格段に上がるおすすめ「良本」!



「丸い卵も切りようで四角、ものも言いようで角が立つ」と言われるように、同じ内容でも言い方や伝え方によって相手が受ける印象が大きく変わります。

伝え方が9割では、自分が本当に伝えたいことを相手に伝えるための魅力的な言葉や方法がたくさん書かれている、まるで魔法のような1冊です。


本の詳細はこちら