電話が鳴ったら何コール以内で出るのが正解?

コールセンターでは電話が鳴ったら何コール以内で出れば良いのでしょうか。

正解は1コール以内です。

3コールくらいで電話に出るくらいがちょうどいいのでは?と思いがちですが、お客様は用があって電話を掛けて頂いている、忙しいなか電話を掛けて頂いているということを考えれば、自ずと答えは見えてきますね。

オペレーター

少しでも早くお客様のお悩みを解決するためにも1コール以内で電話を取りましょう。そのためにはオペレーターはヘッドセットを常に付けていなければなりませんね。

よく電話が鳴ってからヘッドセットを装着するオペレーターがいますが、それは本来NGです。その場合だと電話を取るまでに2コール、または3コール鳴ってしまいます。いつ電話が鳴ってもすぐに電話を取れるように、ヘッドセットは常に装着しましょう。

1コール以内で電話を取ろう

1コール以内で電話を取れば、全く問題ありません。
第一声も「お電話ありがとうございます。○○センター○○部○○でございます」とオープニングで堂々と名乗ることが出来ます。

2コール鳴った場合などは、コールセンターによっては「お待たせ致しました」とお詫びをしなければならないこともあります。さらに3コール以上であれば「大変お待たせ致しました」と言わなければならないコールセンターもあります。

電話が鳴ったらすぐに電話に出られるように、万全の準備をして臨みたいですね。

苦情の電話が来たらまずはオープニングでお詫びをしよう

2017.11.30


当サイトの理念について

関わったすべての人に「感動!」をもたらすべく日々奮闘中!

特にこれといった才能はないけれど、営業経験やコールセンターのスーパーバイザー経験から得た「ビジネススキル」や「電話対応」のノウハウを心を込めて書いてます。

自然が大好きで、暇さえあればキャンプやアウトドアに勤しむ自然人。メッセージはこちらから。


トップページへ戻る

コミュニケーション力が格段に上がるおすすめ「良本」!



「丸い卵も切りようで四角、ものも言いようで角が立つ」と言われるように、同じ内容でも言い方や伝え方によって相手が受ける印象が大きく変わります。

伝え方が9割では、自分が本当に伝えたいことを相手に伝えるための魅力的な言葉や方法がたくさん書かれている、まるで魔法のような1冊です。


本の詳細はこちら